長期不在の家の有効活用|駐車場経営で成功を収めるテクニックをお届け|極意を知るべし
女性

駐車場経営で成功を収めるテクニックをお届け|極意を知るべし

長期不在の家の有効活用

部屋

誰かに貸し付ける

個人の一戸建てや分譲マンションや会社などが社員用に用意した社宅などの建物などで、何らかの理由で長期間にわたって利用しなくなったさいの有効活用がリロケーションです。かつての借地借家法では住宅を貸し付けた場合には借り主に対して非常に強い権限があり、一度貸し付けると明け渡してもらえる保証がないといった理由があり、簡単に賃貸物件として貸し付けるということはリスクの高いものでしたが、1992年には期限付き借家権や2000年に定期借家権が導入され法的に明け渡しをしてもらえることが可能になっています。リロケーションでは契約は貸し付ける年数を予め決めており、自動更新は行わないため5年と契約すれば5年後には返還されます。また借りる側も一般的な2年毎の更新料が不要といったメリットがあります。

貸し付けるさいの注意点

リロケーションは今は使っていないものの将来的には利用する予定の住宅を有効利用するための方法といえますが、貸し付ける側も借りる側も互いにリロケーションについて理解していることが重要です。貸し付ける側としては、定期借家契約を行うためその期間は家賃の支払いが行われている以上は、借り主に強みがあります。家賃の不払いはもちろん、複数の人で住むといった賃貸契約に反した行動をされても契約を解除できないので入居者に対しては注意が必要です。一方で借りる側にとっては、契約が満了すると更新は行われず即座に退去する必要があるため契約満了時には新しい居住先を見つけておく必要があります。また原則として契約期間中は契約解除は行えないことも意識しておくことが必要です。