投資リスクが小さい|駐車場経営で成功を収めるテクニックをお届け|極意を知るべし
女性

駐車場経営で成功を収めるテクニックをお届け|極意を知るべし

投資リスクが小さい

集合住宅

経費の確認をする

年金の不安定さや近年の投資状況を考えて、投資用マンションの購入を検討している人もいるでしょう。投資用マンションを購入するにあたっての注意点は、利回りを確認しておくことが挙げられます。不動産投資をうたっている代理店が宣伝している利回りは、実際のものとは異なるケースがあります。投資用マンションを購入して運用を開始すると、税金や管理費、保険料、修繕費などの費用が発生しますので、当初宣伝で聞いていたときの利回りと異なる状況になってくることが考えられます。従って、投資用マンションの購入を検討するときには、経費を事前に把握しておいてキャッシュフローの確認をしておく必要があります。また、収入を得られる物件かどうかの判断も大切で、不動産についての資産価値を確認することも重要となります。

投資方法の1つです

投資用マンションの特徴は、主に利益を上げる方法として2種類ある点にあります。1つは安い価格のときに投資用マンションを購入しておいて、価値が高くなってから売却することで利益を上げる方法です。もう1つの方法は投資用マンションを購入してから賃貸物件として利用することで、毎月の家賃収入を得る方法となります。預貯金を有効に活用する方法として、株式投資などと比較したときにリスクが少ない点が大きな特徴となります。資産としての価値ももっていますので、いざとなれば売却することで資金に換えることも可能です。一棟マンションや区分マンションの活用方法があり、マンションを一棟まるごと購入するには大きな資金が必要となりますので、投資用として区分マンションを買って利用している人が増えています。